TOPページに戻る
工事日記職人の声・etc
ニュースレター:ありがとう通心
こだわりの家づくり
介護リフォーム
リフォームコンテスト入賞作品
【ご案内】イベントのお知らせ
お問合せ
会社案内
リンクページ
MEMO
検索窓

ニュースレター H28年春号をUPしました。

嶋田工建は大工職人の工務店で省エネ.健康住宅をつくっています。


おかげさまで私たち嶋田工建は創業92年をむかえることができました。
先々代の祖父から親子代、工務店と現在まで続けてこられたのも、私たちをお抱え大工としてかわいがってくださった地域の皆様のおかげと感謝いたしております
大正の頃より、受け継がれてきた大工職人としての技術と匠の感性が創り出す新しいデザイン、丈夫で長持ちする住まいづくりです。
新築から、リフォーム、町家・古民家再生(リノベーション)、介護リフォーム、住宅の修理修繕をおこなっている工務店です。
「大工さ〜ん」って気軽に声かけしてください。すぐに飛んでいきます

1級建築士の大工棟梁が施工している兄、弟、娘構成の工務店です。
全員が正社員の棟梁、大工です。

金沢市の工務店


7名となりました。よろしくお願いいたします。

私たちは職人は住宅は財産、お施主様の財産づくりのお手伝いをさせていただいているという自負と感謝の気持ちを持ち続けています。住宅を建てさせていただく、またはリフォーム、バリアフリー工事、修理。そこからすべてのおつきあいが始まると思っています。
そして、造らせていただいた住まいを責任もって見届ける、これが本来の工務店の義務だと思っています。
【継続は力なり】という言葉どおり、これからも地域に根ざした「かゆいところに手の届く工務店」として歩んでまいります。
 一向に工務店は大きくなりませんし、儲かっててもおりませんが、事業は元気に続けさせていただいております。
お抱え大工として地域の皆様にかわいがっていただけることが最大の喜びであり、ありがたくお礼申し上げます



1_5.jpg【省エネ住宅:やわらぎの家】 と
【木造在来:木の家】

代々引き継がれた匠の技をそのままに、先人からの知恵と工夫をこらした施工をさせていただいております。
ただ、家を建てるのではなく、伝統のある木の家。
在来軸組工法に土地性、太陽の動きを考慮した外貼り断熱工法、自然素材仕様のこだわった住まい作り
健康省エネ住宅:やわらぎの家
在来木造工法:木の家
のご提案をさせていただいております

外断熱




私たちは小さな工務店です。大工、職人としての仕事に誇りを持って日々励んでいます。豪華な展示場やきれいなパンフレットもありません。
しかし、小さな工務店だからこそ大手にはまねできないよさがあります。
設計から施工まですべてを理解している一人の人間(建築士)が感性、その後のメンテナンスまで責任をもって携わります。
現場を知り尽くした1級.2級建築士の私たちが真心をこめて丁寧に仕上げています。あなたのマイホームドクターなのです。
利益追求のために手を抜く、住宅を理解していない人間が施工するなどによる欠陥住宅の被害は残念ながら増加の一方です。長年、建築に関わっている者として心を痛めています。
また、豪華な展示場や素敵なパンフレットも言い換えれば、その費用は結局はお客様が維持費を支払っているのです。不必要な経費がいらない分、私たちはお客様に丁寧な施工と適正価格をご提案いたしております。

しかし、欠点もあります。少人数ですから、仕事が集中した場合、数ヶ月お待ちいただいくこともございます。なぜならば、絶対に仕事を丸投げしないからです。
よい家を造りたい一心で。自分たちの手で自信持ってできる範囲内で施工、丈夫で長持ち、安心して暮らせる家づくりをめざしています



-01.jpg
【石川県金沢市の工務店】 
新築、リフォーム、介護リフォーム、住まい修理全般
あなたの住まいのドクターです。小さなことも遠慮なくご相談ください。
1級建築士の棟梁があなたのマイホームをお守りいたします
「しまだの大工さ〜ん」ってお声かけていただけるとうれしいですね


【めっせーじ】 大工職人がつくる丈夫で長持ちする家

うちは社長の祖父が大正12年に独立、創業してから ずっと今の場所で87年間、お抱え大工として歩んできたんです。前の道路は細い小路でしたが、昭和40年代に犀川大通りができて作業所は笠舞に移ってしまいました。昔は家の隣が作業所でしたから、代表、副代表は木くずで遊び、材木や職人さんたちを身近に感じながら育ったんです。だから大工の技術や腕前にはこだわっているんです。
もちろん3代目棟梁になった今でも現場が大好きで足繁く時間の許す限り現場に出ています。現場は弟の副代表がしっかりと守っています。すべては現場にあるって2人とも思っているんですね。
ずっと大工職人であることにこだわり続けた先代(父)にたたき込まれたので、大工仕事は大好き、けど、口べたで営業は大の苦手。
これまで手がけてきた仕事を見ていただくのが一番の営業かもしれません。

うちは仕入れ先、瓦屋さん左官屋さんなどの協力業者さんはずっと同じです。取引先を変えることはしません。なぜならな気心はもちろんですが、仕事のできの良さをわかった職人さんだけに現場に入ってもらってます。住宅は多くの人と業者と物がかかわります。信頼のおける人や会社だけとお付き合いしています、お客様の大切な財産であり、生活空間ですからね。
一番長い大工は3年前に退職したSさんです。Sさんは55年間、嶋田工建の大工として働いてくれました。お客様の中にはSさんに来てほしいとご氏名される方もあったほどです。
職人の手が限られているので仕事の数を増やすことはできません。自分たちが自信をもってできる範囲内で一つ一つ真心込めて作っているんです。家は人が暮らす空間です。工場で大量生産された工業製品とは違います。家づくりの主役は住まう人ですから気は抜けません。
大工仕事に力をいれるあまり、工期が延びることが多いのがうちの欠点なんです。しかし社長は工期に縛られて雑な仕事をするよりもいい仕事がしたいって言うんです。お客様に住まわれた後もずっと喜んでいただくことがなによりもの喜びなんですね。


空を感じる家 2Fがリビングです
なぜ、リビング、キッチンが2Fなのか?
その理由は 新築施工例でご覧く

工事ブログ、毎日の活動の様子をブログ「快適な住まいをつくろう」にて公開しています
毎日更新中です(手の画像をクリックして下さい)
201007292049209523.jpg

嶋田工建は石川県金沢市の3代つづいている工務店です
匠の職人技であなたの住まいを守ります